自動車と法律の手引き 事故・盗難・交通違反?

自動車と法律の手引き 事故・盗難・交通違反?

自動車と法律の手引き 自動車運転の際に気をつけなければいけない行動

こんにちは。交通事故訴訟など多様な経験を備えた交通事故訴訟弁護士山中弁護士です。
今日は自動車運行中の運転者注意事項に関して交通事故訴訟弁護士が詳しく解説していきましょう。

 

運転者注意事項
自動車などの運転者は、警察公務員の飲酒運転および整備不良差取り締まりに応じなければなりません。運転者は道路で自動車などを放置しておいたまま立ち去り、また、争いなどの行為で他の車両の通行を邪魔してならず、他の人に被害を与える自動車の騒音を発生させたり車内騒乱行為を放置して自動車を運行してはいけません。

 

運転中に携帯電話を使ってはいけなくて、子供と身体障害者または、老人などが道路を横断する場合には一時停止して保護するべきで、子供通学バスが道路に停車して子供または、乳児が下車する場合には一時停止して安全を確認した後徐行しなければなりません。

 

慰謝料請求の際などにもきちんと運転者注意事項が守られていたかどうか?は重要なポイントです。
By 交通事故に強い弁護士の無料相談!慰謝料・示談フルサポート

 

飲酒測定に応じる義務
警察公務員は交通の安全と危険防止のために必要だと認めたり酒に酔った状態で自動車などを運転したと認めるほどの相当な理由がある場合には運転者が酒に酔ったかを呼吸調査で測定できます。

 

この場合運転者は警察公務員の測定に応じなければなりません。
酒に酔った状態で運転したり酒に酔った状態で運転したと認めるほどの相当な理由があるにも関わらず警察公務員の測定要求に応じない時は運転免許が取り消しになります。

 

酒に酔った状態にあると認めるほどの相当な理由がある人として上の警察公務員の測定に応じなければ1年以上3年以下の懲役や罰金に処されます。

 

整備不良差の取り締まり
警察公務員は整備不良差に該当すると認める車が運行されている場合にはまずその車両を停止させた後、運転者にその車両の自動車登録証または、自動車運転免許証を提示するように要求してその車両の装置を点検できます。

 

警察公務員は点検した結果整備不良事項が発見された場合にはその整備不良状態の程度によりその車両の運転者に、応急措置をするようにした後に運転をするようにしたり再びまたは、交通状況を考慮して通行区間、通行路と危険防止のための必要な条件を定めた後それにより運転を継続するようにすることができます。

 

言い争いの禁止
道路で言い争いをしてはならないです。運転者は道路で自動車と原動機装置自転車を止めておいたまま言い争いなどの行為をすることによって他の車両の通行を邪魔してはいけません。

 

騒音規制措置
他の人に被害を与える自動車の騒音を発生させてはいけません。
運転者は正当な理由なしで下のどれか一つに該当する行為をして他の人に被害を与える騒音を発生させてはいけません。

 

-自動車などを急に出発させたり速度を急激に落としたりする行為
-アイドリング状態で原動機の回転数を増加させる行為
-反復的や連続的にクラクションを鳴らす行為

 

運転中携帯電話使用禁止
運転中に携帯電話を使ってはいけません。運転者は自動車などの運転中には携帯用電話(自動車用電話を含む)を使ってはいけません。ただし、次の場合には携帯電話を使用できます。

 

-自動車などが停止している場合
-緊急自動車を運転する場合
-各種犯罪および災害申告など緊急な必要がある場合
-安全運転に障害を与えない装置として手でつかまずとも携帯用電話(自動車用電話を含む)を使えるようにする装置を利用する場合

 

運転中DMB視聴禁止
運転中にデジタル マルチメディア放送(DMB)を視聴してはいけません。
運転者は自動車などの運転中にはデジタル マルチメディア放送を視聴してはいけません。

 

【最後に】仮に交通事故の被害者になってしまった場合は、目には見えないダメージを負っている可能性があるので、専門家のもとを訪ねるのをおすすめします。→参考:高次脳機能障害の慰謝料請求を弁護士がサポート


ホーム サイトマップ