アパート団地内で発生した交通事故の処理は?

アパート団地内で発生した交通事故の処理は?

アパート団地内で発生した交通事故は公道?私道?

こんにちは。
交通事故訴訟に経験と知識が豊富な交通事故訴訟弁護士山中弁護士です。

 

アパート団地内の通行路で交通事故が発生した場合、道路交通法上の道路に該当すれば道路交通法が適用されます。判例は道路交通法上の道路に該当するのかどうかに対し場合により判断しています。道路交通法上の道路に該当しない場合には交通事故発生時民法または、刑法などにより不法行為に対する損害賠償の責任または、刑事責任を尋ねることができます。

 

アパート団地は私道か公道か?
アパート団地内の通行路で交通事故が発生した場合、道路交通法上の道路に該当すれば当然道路交通法が適用されます。したがって、アパート団地内の道路だとして公道から除外されるのではなくてアパート団地の規模と単に私の道路の形態、不特定多数の人や車両の通行のために公開された場所なのかどうか、運転の目的と不可避性、運行の理由などを総合的で見て判断しています。

 

道路交通法上の道路に該当しない場合
道路交通法上の道路ではないところで交通事故が発生した場合、交通事故処理特例法が適用されるのかどうかに対し判例は下記のように判示しています。
道路交通法第2条第1号所定の'一般交通に使われるすべての所'と、現実的に不特定多数の人または、車両の通行のために公開された場所として交通秩序維持などを目的とする一般交通警察権が及ぼす公共性がある所を意味することであるから、特定人または、彼らに関連した特定の用件がある者だけが使用できて自主的に管理される場所はこれに対し含まれると見ることができないといいました。

 

所定の交通事故は道路交通法で決める道路で発生した交通事故の場合にだけ適用されるのではなくて、車両の交通によって発生したすべての場合に適用されると見なければならないでしょう。交通事故処理特例法第3条第2項端緒第8号は道路交通法第41条第1項の規定に違反して運転した場合も入っているので、上の特例法所定の駐車場が道路交通法上の道路ではないところでの駐車場を含むと解釈することはできないといいました。

 

道路でない駐車場や学校境内、アパートなどでの飲酒運転やひき逃げをした場合にも一般道路と同じように'運転'あるケースに該当して、道路交通法にともなう処罰を受けます。
交通事故に対して責任がある者は故意または過失による違法行為で損害を及ぼした場合にはその損害を賠償する責任があります。

 

被害者は身体的、精神的損害など財産以外の損害に対しても賠償受けることができます。
過失に因って人の身体を傷害に達するようにした者は既定の罰金、拘留または、過料に処されて、人を死亡に達するようにした者は2年以下の金庫または、罰金刑に処されます。

 

 


ホーム サイトマップ