歩行者の安全を最大限に守るケアが必要

歩行者の安全を最大限に守るケアが必要

歩行者の安全を守る

こんにちは。
交通事故訴訟に経験と知識を備えた山中弁護士です。
今日は歩いて出退勤する場合、歩行安全はどのように受けるのか、歩行者の安全が守られることに対して調べてみるようにします。

 

歩行者の安全が守られること
歩いて出退勤するすべての会社員は快適な歩行環境で安全で便利に歩行する権利を保証されます。快適で安全な出退勤のために歩行者道では車両より歩行者が優先されます。

 

歩行権保障
国家と地方自治体は国民が快適な歩行環境で安全で便利に歩行する権利を最大限保障して老人、妊婦、子供、障害者など自らの力では歩行が不便な人が差別なしで歩行者道を安全で便利に通行することができるようにする歩行環境を作るために努力しなければなりません。

 

どのように歩行安全を保証されるか?

 

歩行者道で車両を運転する人は歩行者の安全な通行を邪魔してはいけません。車両の運転者が歩行者専用道を利用する時には歩行者を危険にしたり歩行者の通行を邪魔しないように車両を歩行者の歩き方速度で運行しなければなりません。

 

歩行者専用道路の設置
地方警察庁長や警察署長は歩行者の通行を保護するために特に必要な場合には道路に歩行者専用道路を設置できます。歩行者専用道路というのは歩行者だけ通えるように安全標識や彼と似た人工構造物で表示した道路をいいます。

 

車両の運転者は歩行者専用道路を通行してはいけません。ただ、地方警察庁長や警察署長は特に必要だと認める場合には歩行者専用道路に車両の通行を許容できます。

 

工事中歩行者のための安全措置義務
人工構造物や物、その他の施設を新設、改築、または、除去したりその他の目的で歩行者道を占用する者は歩行者に対する危険を防止するために歩行安全および便宜増進に関する法律の基準により歩行安全通路と安全施設を設置しなければなりません。


ホーム サイトマップ