自動車が盗難に遭ってしまった場合はどうしたらいい?

自動車が盗難に遭ってしまった場合はどうしたらいい?

自動車が盗難された場合は?

こんにちは。
交通事故紛争訴訟に経験と知識を備えた交通事故弁護士山中弁護士です。今日は自動車が盗難されればどのようにしなければならないのか調べてみるようにします。

 

自動車が盗難された場合は?
自身の車両が盗難に遭った場合、管轄地域派出所や警察署刑事課に訪問して盗難申告をして盗難申告確認書の発給を受けなければなりません。自分車両損害保険に加入した場合、保険会社に自動車盗難事実を通知して、盗難申告後30日が過ぎれば保険金を請求できます。

 

盗難に遭った自動車を取り戻した場合、再び探した日から3ヶ月以内に新規登録を申し込まなければなりません。
自動車盗難されれば申告からしなければなりません。近い警察署、地区隊および派出所に申告します。

 

自動車を盗難に遭った場合、速かに管轄地域派出所や警察署刑事課に訪問して盗難申告をして盗難申告確認書を発給を受けなければなりません。

 

場合によっては自動車虚偽盗難申告時処罰されます。
自動車税と罰金回避などを目的に虚偽で車両盗難申告をすれば罰金刑、拘留または、過料で処罰されます。
そして虚偽申告によって車両運転者などが調査を受けるなどその不法性が大きい場合には誣告罪が適用されることができます。

 

車両盗難虚偽申告をすれば刑事処罰もあり得ます。
虚偽申告で‘車両盗難事実確認’が発行されてこれを利用して登録抹消をしても後ほど虚偽申告事実が明らかになれば登録抹消が取り消しになるように該当官庁に通知して刑法第137条偽計による公務執行妨害罪で刑事処罰されることができます。

 


ホーム サイトマップ