通勤時の事故の場合はどのような補償が受けられるのか?

通勤時の事故の場合はどのような補償が受けられるのか?

通勤時の事故の際に受けられる補償

こんにちは。
交通事故訴訟に多様な経験を備えた交通事故訴訟弁護士山中弁護士です。
今日は通勤時の事故の補償に関して調べてみようと思います。

 

1

通勤時の事故の補償を受けること

現行法上公共交通を利用した出退勤の時に事故がおきた場合、公務員は特別な制限なしで補償保険給付を受けることができて、一般勤労者は会社で提供する出退勤バスを利用して出退勤するなどの制限的な場合にだけ補償保険給付を受けることができます。

 

勤労福祉公団の補償保険給付決定が不満足ならば勤労福祉公団に審査(再審査)請求をしたり行政訴訟を提起できます。

 

出退勤の時に交通事故がおきた場合、補償保険給付を受けることができるだろうか?

 

産業災害補償保険給与とは?
産業災害補償保険給与は産業災害補償保険に加入した事業場の勤労者が業務上の災害にあった場合に支給されます。業務上の災害というのは業務上の理由にともなう勤労者の負傷、病気、障害または、死亡にあった時です。

 

産業災害補償保険給与(塵肺に対する保険給与は除外)の種類には療養給与、休業給与、障害給与、看病給与、遺族給与、傷病補償年金、葬儀費、職業リハビリ給与があります。

 

出退勤の時交通事故、業務上災害と認定されようか?
公務員が通常の経路と方法で出退勤する中発生した交通事故で負傷したり死亡した場合には公務上浮上(負傷)または、死亡で補償保険給付を受けます。

 

しかし、一般勤労者は出退勤した中に発生した事故が次の要件皆に該当する場合にだけ補償保険給付を受けることができます。

 

-事業主が出退勤用で提供した交通手段や事業主が提供したと見ることができる交通手段を利用した中に事故が発生したこと
-出退勤用で利用した交通手段の管理または、利用権が勤労者側の専属的権限に属しないこと

 

勤労者の出退勤中に発生した災害を業務上災害と認定するための要件で"事業主が提供した交通手段を勤労者が利用したりまたは、事業主がこれに対し準ずる交通手段を利用するようにするなど勤労者の出退勤過程が事業主の支配・管理下にあるとみることができる場合であること"を要求していて、公共交通を利用した出退勤時発生した事故に対しは一般的に業務上災害と認定していません。

 

また、勤労者が休日に事務室の理事会準備のために地下鉄を利用して出勤した中に災害を着た事案で、出勤に利用した地下鉄路線が事業主の支配・管理下にある交通手段だと見られないという理由でそれによる傷病は業務上災害に該当しないと判示しました。

 

現行法と判例の立場を総合してみれば公務員は特別な制限なしで補償保険給付を受けることができて、一般勤労者は会社で提供する出退勤バスを利用して出退勤するなどの制限的な場合にだけ補償保険給付を受けることができます。


ホーム サイトマップ